MION、小坂 ランゲ 由維社長インタビュー

検索

「INTER VIEW」

MION、小坂 ランゲ 由維社長インタビュー

2023年11月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Inter View

日本で買取ったレコード等の音楽商品を欧米に輸出しているのがMION(神奈川県横浜市)だ。独自のビジネス展開で成長が続き、日独合わせた年商を前年の2倍の約8億円まで伸ばした。日本で生まれ育ち、ドイツとのつながりも深い、小坂ランゲ由維社長に聞いた。

中古レコードを海外輸出

一括輸出で物流費を低減
日独英米で事業展開へ

MION 小坂 ランゲ 由維社長小坂 ランゲ 由維社長

総合格闘家からレコード業者に転身

── 御社は1985年の創業だそうですね。

小坂 ええ、30年以上ある会社ですね。もともと、リハーサルスタジオ「スタジオ24」を運営しており、ティアック(TEAC)っていうオーディオメーカーのリペア周りを手掛けるなど、ずっと音楽一筋の会社です。

── 現在は中古オーディオやレコードの貿易事業が中心ですね。小坂さんは、何を契機に携わるようになったのでしょう。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第572号(2023/11/25発行)9面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる