【クーボンの海外リユース探訪記】Vol.24 バングラデシュ編(前編)

検索

「クーボンの海外リユース探訪記」

【クーボンの海外リユース探訪記】Vol.24 バングラデシュ編(前編)

2024年01月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バングラデシュはいわゆる「LDC(後発開発途上国)」とされています。これはUNDP(国連開発計画)が定めた基準に基づき、開発途上国の中でも経済発展や成長が遅れており、貧困の傾向にあるとみなされている国々のことです。近年では、年率平均6パーセントという成長性の高さが評価され、2026年にはLDCからの「卒業」が見込まれています。一方で、工業化や法整備等の面では、まだまだ課題が残されている状況のようです。主な産業としては繊維関係であり、衣料品の輸出額に関しては国単位であれば世界2位となっています。1位は中国で、実に2位の5倍以上もの額を輸出しており一強状態が続いています。

知る人ぞ知る日本の友好国
これからの市場展開に要注目

ビジネス進出の
地盤は十分

ワサビ 2階相当まで荷物を積み上げている2階相当まで荷物を積み上げている

これからの市場成長が見込まれるバングラデシュは国際関係面やその国民性で、日本からのビジネス立ち上げに有利に働いてくれるでしょう。バングラデシュといえば日本とよく似た国旗で知られていますが、実は経済的な面でも日本と深い関わりを持つ国なのです。

日本の外務省が行っている「ODA(政府開発援助)」において、1999年より支援を行っており、これまでにサイクロン対策シェルター建設や簡易橋の設置、気象レーダー整備等数々のプロジェクトによってバングラデシュの人々の暮らしを支え続けてきた歴史があります。そのため、日本から来た人々やモノに対しては好印象を持たれやすいです。また、「JICA(独立行政法人国際協力機構)」による継続的なインフラ整備や教育医療支援活動も、両国の良好な関係を支えてくれています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第576号(2024/01/25発行)21面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる