リ・アンティーク、質店発のささげ代行 AI活かしEC運用を支援

検索

「Reuse×Tech」

リ・アンティーク、質店発のささげ代行 AI活かしEC運用を支援

2024年02月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リユース×テクノロジー

質店などを運営するリ・アンティーク(埼玉県蓮田市)は昨年末、ささげ代行サービス「バリュエク出品代行plus」を開始した。リユース事業者等のささげ業務を支援する。AIによる高効率な写真撮影と、低コストを強みとする。

1点800円〜ささげを代行

リ・アンティーク 中古品のECでは美化しすぎない適度な加工が重要という中古品のECでは美化しすぎない適度な加工が重要という。状態のわかる適度なバランス感での撮影を心がける

リ・アンティークは埼玉県にて質コンドー(旧蔵屋)を運営。一昨年よりリユース各社のEC周りを支援する「Value Exchange」を提供しており、ささげ代行サービスはその中の1つ。

「バリュエク出品代行plus」では、拠点に送られてきた発注者の在庫を、同社スタッフにより撮影、採寸し、商品データをもとに原稿作成する。作業後、発注者による確認を経て、在庫を返送、商品データをCSVで戻す。写真はリネームにも対応し、指定のクラウドサービス等に格納する。

目安時間は商品到着から7営業日程度。点数次第で前後する。対応する商材は、バッグ、時計、ジュエリーなどが中心。開始段階で現場にはEC経験者約10名が在籍しており、月間8000~1万点の処理能力があるという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第577号(2024/02/10発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる