闘道館、格闘ファンの間で聖地化

検索

闘道館、格闘ファンの間で聖地化

2015年07月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コスチューム売る選手も

我流事典(東京都千代田区)が運営するプロレス・格闘技グッズ中古専門店「闘道館」が、プロレスファンの間で聖地化している。

同店はプロレスマスクやコスチューム、関連雑誌のバックナンバーなどを販売しており、中心価格帯は数千〜数万円。数百万円で取引される歴史的価値の高い商品も多数そろえる。

例えば150万円で販売する力道山のパスポートや、現役時代の北斗晶がリングで装着していたお面などだ。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

371号(2015/07/10発行)6面

Page top