「古物営業法」に関する記事一覧

検索

「古物営業法」に関する記事一覧

  • トレファク、キャンプ場で買取・販売イベント

    ホビー・スポーツ

    2019年12月10日

    トレジャー・ファクトリー(東京都千代田区)が運営する中古スポーツ・アウトドア専門業態「トレファクスポーツ」は11月下旬、千葉県山武市の有野実苑オートキャンプ場にて、初の買取・物販イベントを開催した。常駐のバイヤーが買...

  • トップカメラ、宅配買取アプリをリリース 自撮りで本人確認が完了

    ホビー・スポーツ

    2019年10月30日

    イサン(愛知県名古屋市)の中古カメラ売買事業である「トップカメラ」は9月21日に宅配買取アプリをリリースした。同アプリは古物営業法の改正を受けて開発されたもので、買取アプリとしては初めて自撮りで本人確認が完了する仕組み...

  • 【リユース×テクノロジー】AIでオンライン本人確認 古物営業法に準拠

    市場動向・行政・団体

    2019年10月23日

    ネットで本人確認完結 昨年10月に古物営業法が、同年11月には犯罪収益移転防止法が改正された。これまで本人確認には利用者の身分証の写しを郵送する必要があったが、改正で利用者の顔と身分証の画像の一致が確認できれば、オンラ...

  • 《携帯&スマホAtoZ 第85回》リユースモバイルガイドライン「販売」について

    PC・携帯

    2019年10月20日

    第85回 リユースモバイルガイドライン「販売」について 今回は、「リユースモバイルガイドライン」の中の『販売』についてお伝えします。 格付詳細、NG内容、保証期間商品情報の明確な表示を 販売の概要は、以下の4点にま...

  • 《先手必勝》コメ兵、仮設店舗で買取イベント 年間利用者1万人目指す

    バッグ・時計・宝飾品

    2019年09月20日

    コメ兵 昨年10月に古物営業法が改正され、仮設店舗での買取が可能になった。これに先んじたのはコメ兵(愛知県名古屋市)。改正直後にコメダ珈琲店で買取イベントを開催したところ、利用客は想定の3倍となる約500人となった。今...

  • <平成30年の軌跡>バブル崩壊が生んだリユース市場

    市場動向・行政・団体

    2019年04月24日

    <平成30年の軌跡>バブル崩壊が生んだリユース市場 5月1日から新元号「令和」へと移行し、平成の歴史が終わる。古物営業法が制定されたのは昭和の時代にまで遡るが、リユースという言葉や市場をリードする代表的な企業が誕生し...

  • IOT対応3R協会 情報機器の売却や廃棄に指針、ガイドラインを発表

    市場動向・行政・団体

    2018年12月01日

    IOT対応3R協会 情報機器の売却、廃棄に指針データ消去、破壊の必要性 IOT対応3R協会(東京都港区)は、IOTに対応するパソコン・スマホ・タブレット等を含む情報通信機器の普及に伴い、今後発生する使用済み機器の...

  • コメ兵、コメダ珈琲店と提携し買取イベントを開催

    バッグ・時計・宝飾品

    2018年11月24日

    コメ兵 ▲コメダ珈琲店本店の駐車場に買取を行うキャンピングカーが停まる コメダ珈琲店で買取イベント古物法改正受け催事買取解禁 改正古物営業法の一部施行を受け、各社が催事やイベントでの買取に乗り出している。コメ兵は、...

  • JRRC、「遺品3Rディレクター」創設

    市場動向・行政・団体

    2017年12月28日

    資格取得セミナーを初開催 関連法等学ぶ 日本リユース・リサイクル回収事業者組合(JRRC:東京都港区)は、遺品整理の認定資格である「遺品3Rディレクター」を創設。その資格取得セミナーの第一回目が12月14日、唐子市民活動...

  • 中小向け古物商団体、名称は「全日本古物商協会」

    市場動向・行政・団体

    2017年10月12日

    リユース業界の知識・地位向上を目指し、新たなリユース業界団体が設立された。(一社)全日本古物商協会(略称:JCDF、東京都中央区)がそれだ。10月末にWEBサイトを正式にオープンする。 JCDFの片岡寛之理事長 既に10...

Page top