FTF、中古レコード店「FACE RECORDS」を宮下公園商業施設にオープン

検索

FACE RECORDS MIYASHITA PARK(東京都渋谷区)(東京都渋谷区)

FTF、中古レコード店「FACE RECORDS」を宮下公園商業施設にオープン

「繁盛店の店づくり」

2020年09月06日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繁盛店の店づくり vol.221

宮下公園の新商業施設 中古レコード店が出店
FACE RECORDS MIYASHITA PARK(東京都渋谷区)

FTF(東京都渋谷区)は中古アナログレコード店「FACE RECORDS MIYASHITAPARK」を7月28日、再整備された渋谷区宮下公園「MIYASHITA PARK」の商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」にオープンした。

FACE RECORDSの店内FACE RECORDSの店内。取材日は 平日だったが、予約制による入場制限がなくなったこともあり、施設内は若い人で賑わっていた

MIYASHITA PARKの外観JR渋谷駅近くのMIYASHITA PARKの外観。4階部分が渋谷区立宮下公園、1〜3階が商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」で約90店舗のショップや飲食店が入る。ホテル「sequence MIYASHITA PARK」も隣接。

「わあ、レコードだ。初めて見た」。そんな若い女性の声も聞こえる同店。店長の和田拓海さんは「商業施設への出店は初めて。レコードに馴染みのない方がふらっと立ち寄ることも考えて、様々なジャンルのレコードを置いています」と話す。

日本人アーティストのレコードも目立つところに陳列中古レコード初心者向けに、ユーミンや山下達郎など、日本人アーティストのレコードも目立つところに陳列

元々宇田川町の店舗の品揃えはソウルやファンクなどブラックミュージックが中心。それに対してこちらでは、最近人気の日本のシティポップなども含め、オールジャンルだ。

  • メタリック素材を使いスタイリッシュなイメージ1
  • メタリック素材を使いスタイリッシュなイメージ2
カウンター奥の棚(左上写真)や、レコードの陳列棚(右上写真)は、メタリック素材を使いスタイリッシュなイメージ

レコードが並ぶ木製の什器レコードが並ぶ木製の什器は、従来使っていたものより10センチ以上低くして制作。女性でもレコードを取り出して見やすくした

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

Shop Data

オープン 2020年7月28日
取扱い商品 中古レコード、CD、カセット、オーディオ機材など
客層 20〜30代(男女比は半々)
備考 店舗面積/約20坪
店頭在庫/約1万点

FTF は1994年創業。
RAYARD MIYASHITA PARKの店舗の他に渋谷区宇田川町にFACE RECORDS SHIBUYA、NYにFACE RECORDS NYC、下北沢に姉妹店GENERALRECORD STOREを展開。レコード・CDの買取専門部門ECOSTORE RECORDSも運営。

第495号(2020/9/10発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top