キタムラ、カメラの聖地・新宿に若い客惹きつける新業態

検索

キタムラ(神奈川県横浜市)(東京都新宿区)

キタムラ、カメラの聖地・新宿に若い客惹きつける新業態

「繁盛店の店づくり」

2020年09月20日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繁盛店の店づくり vol.222

カメラの聖地・新宿に新業態
若い客惹きつける店作り

新宿 北村写真機店(東京都新宿区)

キタムラ(神奈川県横浜市)は7月3日、新宿駅東口に「新宿 北村写真機店」をオープンした。「豊かなフォトライフを提案する」をコンセプトにした店内はシンプルで洗練されたデザイン。20代の女性の姿も多く、新しい客層の取り込みに成功している。

4階の中古カメラ・レンズのフロア4階の中古カメラ・レンズのフロア。各フロアの什器は、販売スタッフの声を取り入れて作った特注品。中古のフロアでは商品数を数多く、すっきりと陳列できるように設計した

引き出し式のテーブルを付けたショーケースの下には引き出し式のテーブルを付けた。ここに気になる商品を集めて、比較できるようにしている

マウントアダプターのコーナーマウントアダプターのコーナー。常時60点ほどを展示

これまでの新宿の「カメラのキタムラ」の客層は40〜60代の男性がメインだった。しかし、この店舗ではお客の約半数が20代。「中でも女性のお客様が増えています」と広報の秋元智貴さん。

上の階から続く川の流れを表現した階段には、上の階から続く川の流れを表現したカメラマン濱田祐史さんの作品を設置

新宿区内を再現したジオラマ1階にある、新宿区内を再現したジオラマ。写真を貼って作られている。カメラを持ってくるお客が多いため、こうしたフォトスポットも用意。下部の写真は常連客が、同店で購入した1930年代のライカのレンズで、このジオラマを撮影したもの

ライカのレンズで1階のジオラマを撮影したもの

店舗デザインを手掛けたのは受賞歴も多いデザイン事務所TONERICO:INC.。おしゃれだけれど、落ち着いた店内は中古でも安心して購入できる雰囲気が内装からも伝わってくる。

6階のヴィンテージ サロン6階のヴィンテージサロン。手前の檜のカウンターはTONERICO:INC.が考案。ヴィンテージカメラ好きが集まるサロンをイメージしている。照明も夕方になると自然と暗くなり、バーのような雰囲気になる

6階の「ヴィンテージサロン」はライカを中心としたヴィンテージカメラを博物館のように陳列。

ブックラウンジブックラウンジ。写真 集800冊ほどを展示。 購入することもできる

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

Shop Data

オープン 2020年7月3日 
取扱い商品 新品・中古カメラやレンズ、雑貨など
備考 商品点数/約5000点
店舗面積/約427坪(地下1階〜6階まで)
中古:新品/8:2
客単価/4〜5万円

キタムラは「カメラのキタムラ」の他、「スタジオマリオ」などを運営。
「カメラのキタムラ」は現在全国に696店舗(2020年3月現在)。
2020年3月期の売り上げは881億9545万円

第496号(2020/9/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top