ラクサス調べ、埋蔵バッグは3.8兆円!?関東が多い傾向

検索

ラクサス調べ、埋蔵バッグは3.8兆円!?関東が多い傾向

2017年06月16日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東が多い傾向

ブランドバッグシェアサービス「ラクサス」を運営する、ラクサス・テクノロジーズ(広島県広島市)が、日本に眠るバッグに関する意識調査を実施した。

関西に比べ関東在住者の方が埋蔵バッグを抱えている関西に比べ関東在住者の方が埋蔵バッグを抱えている

まず、「半年以上使っていないバッグの総額」について質問したところ、一人当たりの平均総額は約12万円となった。これに全国の女性人口を掛け合わせ、総額推定3兆7956億円と算出。また関東と関西で比較したところ、関東で平均14万円、関西で平均9万円となり、関東在住者のほうが多いことがわかった。

次に「異性からプレゼントされたバッグの中で、現在使っていないバッグはあるか」との質問では、44%があると回答した。

「1年以内にブランドバッグを買ったか」という問いには、購入したと答えたのはわずか13%だった。

ラクサスは月額制で、ブランドバッグをレンタルできるサービス。1月にはC2Cでシェアできる「ラクサスX」もリリースした。両サービスで会員に貸し出したバッグ及び、預かったバッグの流通総額が100億円に達したという。(調査概要 時期:5月13日〜14日、方法:インターネット、対象:20〜50代女性、400名、ラクサス調べ)

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

417号(2017/06/10発行)5面

Page top