環境NGOグリーンピース、「アップル修理しにくい」

検索

環境NGOグリーンピース、「アップル修理しにくい」

2017年08月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改善要望の国際署名

「修理しやすい製品ガイド」公開

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)が、「修理しやすい製品ガイド」を公開している。

44機種の評価を行った44機種の評価を行った

スマホなどIT製品の修理しやすさを評価しており、比較的評価が高いのが「フェアフォン」「デル」「HP」の3社。アップルやサムスンは修理や、部品交換によるアップグレードがしにくいとしている。6月28日に発表したこの結果を受けて、同団体はアップル、サムスン、LGの3社に対して「修理しやすくて長く使える、地球にやさしい製品を作ってください」という国際署名を開始した。

修理しにくいと製品寿命が短くなり、世界のeウェイスト(電子・電気機器廃棄物)の量が増える。同団体は簡単に修理やアップグレードができる製品を設計し、適切なアフターセールスを提供するよう呼びかけている。

ガイドは、グリーンピース・東アジアが、オンライン上で無料修理ガイドを提供するアイフィックスと連携し、44機種のIT製品を評価したもの。

421号(2017/08/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top