《キャラクター図鑑》 本仮屋祥子(ブックオフ)

検索

「リユース企業のキャラクター図鑑」

《キャラクター図鑑》 本仮屋祥子(ブックオフ)

2018年03月08日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックオフコーポレーション(神奈川県相模原市)のキャラクターといえば、よむよむ君が有名だが、ブックオフ吉祥寺駅北口店には「本仮屋祥子」という、店の特性にマッチした店舗限定のキャラクターが活躍している。

本仮屋祥子吉祥寺出身の大学生バイト
〈本仮屋祥子〉

〈プロフィール〉
武蔵野市吉祥寺出身。19歳の大学生。ブックオフ吉祥寺駅北口店でアルバイトをしている。吉祥寺の一軒家に家族と住む、大学生という設定。育ちの良い女の子をイメージしている。
「本屋」の文字が入っているところから名字は「本仮屋」に決定。吉祥寺駅前店なので下の名前は「祥子」にした。

2015年、ブックオフ吉祥寺駅北口店で誕生した「本仮屋祥子」。

同店は4階層で、当時4階をアニメコーナーに、3階をCD・DVDのコーナーと、上層階を専門性の高い売り場にするコンセプトを立てていた。

若い人に売り場の存在を知ってもらい、上の階まで足を運んでもらおうと、考え出されたのが祥子さんだ。

「ターゲットとなる若者と同年代の女性にし、当店でバイトをしている設定にしました。吉祥寺出身で、地元で働いているということが、お客様に親しみを持ってもらっていると思います」とブックオフコーポレーションの杉山祥啓さん。

絵柄はブックオフの制服(黒のポロシャツ)の他に私服もある。私服の色がオレンジなのはブックオフのイメージカラーであることと、中央線のカラーであることが理由。

パネルを作り、1階の入り口やエレベーター前に立てて、告知をしているが、特に3階のCD・DVDの売り上げが伸び、手応えを感じている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

434号(2018/02/25発行)15面

Page top