伊藤エージェンシー ~出張遺品整理に注力 売上高10%増を目指す~

検索

伊藤エージェンシー ~出張遺品整理に注力 売上高10%増を目指す~

2018年05月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤エージェンシー
出張遺品整理に注力 売上高10%増を目指す

6A-1.JPG

▲買取センターGP茂原店

年商6億円で、千葉県内に買取店買取センターGP9店と、総合リユースリサイクルエースを1店運営する伊藤エージェンシー(千葉県山武郡)は、遺品整理等の出張サービスに注力し、売上高で前年比10%増を目指す。
 
主に金券、金プラ、ブランド類等を扱う同社は、仕入れの約7割が個人からの店頭買取。50代以上の利用者が多く、そこから遺品整理等の大口案件を月2件ほど受注している。今後も店頭買取の利用をきっかけに、出張サービスを案内し受注増を狙う考えだ。「先日も1件でお酒が50~60本出たり、ギフト類や骨董品の山がたくさん出たりと、軽トラック3倍分の物量はあった。店頭買取よりも、一度に多くの量を買い取れると見込んでいます」(伊藤肇社長)。

伊藤社長は、「買取点数を伸ばせる店には営業力がある。接客を通してとにかく買い集め、たくさんの相談、案件を受注できる人材、店舗を増やしていきたい」と話す。そのため、月1回、各店の店長向けに接客や査定に関しての勉強会を開催。実際に年商1億円を上げ、成果を出している店舗もある。

6A-2.jpg

▲伊藤肇社長

【伊藤エージェンシー】

 中古品の買取り、販売のほか遺品整理なども行う。宅配・郵送買取りの「買取センター.com」、「お酒の買取専門・買取センター,com」、「コスメの買取専門・買取センター,com」や実店舗の買取りセンターGPで仕入れた商品を、リサイクルエースで販売する。買取りセンターGP9店舗、リサイクルエース1店舗を首都圏で展開。2009年に設立された。

第439号(2018/05/10発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる