《Sharing Economy》ecboの荷物預かりシェアサービス、2025年世界500都市展開へ

検索

《Sharing Economy》ecboの荷物預かりシェアサービス、2025年世界500都市展開へ

2018年07月31日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

▼関連記事はこちら

ecbo

12-B-2.JPG

▲工藤慎一代表

荷物預かりシェアサービス
2025年世界500都市展開へ

店舗の遊休スペースを活用した荷物預かりのシェアリングサービスを展開するecbo(東京都渋谷区)が、2025年までに世界500の都市でサービス展開をする構想を明かした。

同社は国内の郵便局や鉄道会社でのサービス提供を既に実現しており、工藤慎一代表は「国内で類似のサービスが出てきても負けない基盤ができた。このデータやノウハウを活用し、オリンピック後を見据えて海外での展開に本格的に着手する」と話した。

12-B-1.jpg

▲スマホ1つで荷物を預ける場所を探すことができる

6月にはインバウンド旅行者向けにサービス展開するWAmazingポケットチェンジの2社とともに台湾・台北にて現地メディアを集めた合同記者会見に参加。

サービスのプレゼンテーションを行い、現地のTV局など70以上のメディアで取り上げられた。

ecboのサービス利用者の3割を台湾人が占めていると言い、注目度の高さがうかがえる。

12-B-3.jpg

▲荷物預かりを通じて、普段立ち寄らない店に入るきっかけも作る

JRメルカリなどから資金調達を実施しシリーズAを終えた同社は、今後「数字を追い付かせていく段階」(工藤代表)に入ると言う。

まずは当初から目標に掲げている国内1万拠点を年内に実現したい考えだ。

7月にはアパマンショップ直営の87店舗への導入を開始している。

▼関連記事はこちら
エクボクローク、荷物預かり 大手続々と
ecbo、カフェやカラオケをクロークに
《Sharing Economy》ビニール傘のシェアリングサービス「アイカサ」で、天気を気にせず出かけられる世界作りを目指す

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第444号(2018/07/25発行)8面

Page top