ゲオ、中古iPhone 販売数増加見込み

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

ゲオ、中古iPhone 販売数増加見込み

2018年10月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6d87db8362df9932613b4cd1eaf24193_s.jpg

中古iPhone 販売数増加見込み

ゲオ(愛知県名古屋市)は、全国のゲオショップおよびゲオモバイル約1300店で、中古携帯とiPhone中古スマホの販売台数をまとめた。2018年4月~8月末の販売台数は約41万台。そのうち、iPhoneは約14万台と全体の35.4%を占めている。新型iPhone販売に伴う買い替え需要で、中古iPhoneの販売・買取台数が増加すると見込んでいる。


また9月4日~10日の期間、ゲオアプリ会員を対象に「格安SIMの利用調査」も実施。格安SIMの内容を知っているかという質問では「知っていて、現在使っている」の14.5%に対し、「知っているが使っていない」の割合が49.2%と高く、認知度と実際の使用には開きがあることがわかった。

第449号(2018/010/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる