コメ兵、遊休スペースで荷物預かり

検索

コメ兵、遊休スペースで荷物預かり

2018年10月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメ兵

bd323024c8f383b3f5b192309494ead1_s.jpg

遊休スペースで荷物預かり

コメ兵(愛知県名古屋市)は、店舗の遊休スペースを活用した荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo clooak(エクボクローク)」を、「KOMEHYO新宿店」で10月15日から導入した。事前に予約が必要で、料金はバッグサイズ1個300円、スーツケースサイズ1個600円。店舗が閉まる21時まで預けられる。


コインロッカー難民」が問題になっている新宿エリアに立つ同店には、国内外から多くのお客が来店し、以前から「荷物を気軽に預けて、新宿観光やショッピングを楽しみたい」「大型コインロッカーの空きがない」という意見が多く寄せられていた。今回、エクボクロークを導入することでこの課題を解決すると共に、新しいお客が来店するきっかけにしたい考えだ。


スタートしたエクボクロ ークは、コインロッカーの代わりにネットで事前予約をし、主要都市にあるカフェや美容院、郵便局などのスペースに荷物を預ける事ができるシェアリングサービスで昨年1月からスタートした。

▼関連記事はこちら
コメ兵、中国・北京に海外1号店をオープン
中古ブランド大手企業の海外展開が加速 コメ兵がタイ進出
エクボクローク、荷物預かり 大手続々と

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第450号(2018/010/25発行)2面

Page top