メディアリユース、買取りを古書市に一本化

検索

メディアリユース、買取りを古書市に一本化

2019年02月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メディアリユース

メディアリユース.png▲同社のホームページ

買取りを古書市に一本化
業務効率向上で営業利益2割増

ネット古書販売事業のメディアリユースが、営業利益ベースで前年比2割以上の増加を実現した。出張買取りを停止し、古書市での仕入れに特化することで収益体制を改善した。運営するのはオフィス雅(東京都世田谷区)。同社は古本を出張買取りで仕入れ、ネットで販売する業態を続けてきた。ネット購入が盛んになり販売が好調な一方、買取りには波があったという。「仕入れが月5件程度しかないこともあった」と山本雅輝店長は振り返る。


2017年より、それまでの主軸であった出張買取りから徐々に撤退。昨年2月には、仕入れの場を東京古書組合などの古書市に一本化している。消費者から買い取った本をそのまま市場に売りに出す「うぶ荷」かつ得意分野の書籍が集まる市場を発堀し、週2~3回は買い付けに訪れる 。「市場は毎日どこかで開催されている。必要な時に必要な分調達できるため、仕入れのリスクがグッと減った」(同氏)また、出張買取りにかかる時間的コストや、商圏での認知度向上に投資していた広告費も削減。これにより収益性を改善した。

顔写真.JPG▲山本雅輝店長

▼関連記事はこちら
《全国ダーツの旅☆東京都》BOOKS 青いカバ、念願の画集を手にした女性客
《注目の新ショップ》BOOK ROAD、無人古書店で人々が交流
バリューブックス 古本アウトレット、1冊50円から販売

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第457号(2019/02/10発行)5面

Page top