ゲオ、新品余剰在庫の新業態立ち上げ 衣料等5万点取扱う1号店、横浜にオープン

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

ゲオ、新品余剰在庫の新業態立ち上げ 衣料等5万点取扱う1号店、横浜にオープン

2019年05月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要約すると.ブルー.png

・ゲオクリアが小売店から買い取った余剰在庫の販売を立ち上げ
・売れ残った新品服飾雑貨などを小売価格から割引販売
・1号店はメーカー100社と提携、ファミリー層を狙う

.......................................................................................................................................................................

ゲオホールディングス子会社のゲオクリア(愛知県名古屋市)が、メーカーや小売店から買い取った余剰在庫を販売する業態を立ち上げた。4月25日より横浜港北に1号店をオープン。427坪に衣料など5万点を揃える。中古事業で培った買取再販モデルを活かし、今期に5店まで増やす。

3A-1 - コピー.JPG▲ラック・ラック クリアランス マーケット1号店

新業態の名称は「ラック・ラック クリアランス マーケット」。アメリカ発祥で「オフプライスストア」と呼ばれるモデルだ。同業態では、新品市場で売れ残った衣料・服飾雑貨などを仕入れ、メーカー小売価格の2〜8割引で販売する。一般的なアウトレット店と異なり、同一店舗で多種多様のブランドを扱う。1号店では、郊外の立地を活かしファミリー層をメインターゲットに据える。

1号店のオープン段階ではメーカーなど約100社と提携。全国に約1800の店舗網を展開し、中古メディアや古着などを個人から買取るイメージの強いゲオだが、一部では法人買取も行ってきた。そのバイヤーらが、余剰在庫買取の役割も担う。

「買い取った商品をどのように再販するか...そこが全国で実店舗展開し透明性を高めてきた当社だからこそ、法人様も信頼をして余剰在庫を売却してくれています」(ゲオクリア 川辺雅之社長)

3A-2 - コピー.JPG▲ゲオクリア 川辺雅之社長

1号店ではキッズ用品、レジャー品も扱う。

第463号(2019/05/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top