東京エムジーオークション、3周年記念大会 出来高3.6億円

検索

東京エムジーオークション、3周年記念大会 出来高3.6億円

2019年10月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マックスガイ.jpg▲3周年大会の様子

ブランド買取専門店「ザ・ゴールド」を展開するマックスガイ(東京都中央区)が主催するブランド古物市場大会「東京エムジーオークションby JWA」が9月10日で3周年を迎えた。

出品数は時計201箱(1箱約10点)、宝石243箱の合計444箱、出来高は3.6億円と前回の記念大会よりも増加した。時計・ジュエリーともに前年より出品数が増加、特に宝石の出品増が目立っている。

これまでは自社出品の割合が半数を超えていたが、今回は他社出品が上回る比率となっており、他社出品の増加が増えていることで出来高を押し上げているようだ。

バイヤーは、59社が参加。「継続して買いに参加して頂いています」と、任オークションチームリーダーが話すように、着実に毎年出来高を伸ばしている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第472号(2019/09/25発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top