俺のオークション、初心者向けに初競り出来高1600万円

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

俺のオークション、初心者向けに初競り出来高1600万円

2019年10月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド古物市「俺のオークション」を運営するオリンポスセブン(東京都中央区)は9月3日に「俺のオークションPLUS」を開催した。初心者向けの「なんでも会」としてブランド品以外にも家電、アパレル、雑貨などを扱い、出来高は1600万円だった。

競りの様子競りの様子

軽快な音楽がかかる中ゆっくりとしたテンポで競りは進んだ。出品構成比の8割はブランド品で、残り2割が「なんでも」に該当する。主な商材はルイヴィトンなどのブランドバッグだが、サングラスやスニーカー、マネークリップ、ライターや香水などの商材も出品された。

ルイヴィトンの出品が最多ルイヴィトンの出品が最多

石井竜二オークショニアは「2、3列目は『俺のオークション』では見ない顔が多かった。テンポが良く、盛況した」。会場は和やかな雰囲気で、石井氏は笑顔を交えて参加者と談笑していた。参加者の中国人女性は「会場が広くて良いと思う」。

年会費は0円、参加費は3500円、買い歩は4999円以下は10%、5000円以上が8%、売り歩は0%だ。指値は5000円〜。内税方式を採用。成約率は94%、平均単価は9500円、出品数は1650点だった。今後は毎月第一火曜日の開催を予定している。

第473号(2019/10/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top