買取リヴァシス、中古家電・フィギュアで1.6億円 HPで"自分の顔"積極掲載

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

買取リヴァシス、中古家電・フィギュアで1.6億円 HPで"自分の顔"積極掲載

2019年10月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家電やフィギュアのリユース事業を展開する買取リヴァシス(愛知県県名古屋市)は、3期目となる今期、売上が1億6000万円程度で着地予定だ。同社は名古屋市内で、国道1号線沿いに買取店専門を1店構える。月に約80名が来店。

主に店頭と出張で商材を仕入れ、Amazonやヤフオク!などのECサイト上で販売。ホームページ上で積極的に自分の顔写真を掲載することで買取件数を増やしているという。「利用者の女性に顔写真が『誠実そう』とよく言われます」(志津薫社長)

2C-1.png▲右下の顔写真が志津薫社長だ

現在は同業他社のサイトの作りを参考にする。リユース業界だとあまり顔を大々的に公開しているところは少ないと、志津社長はいう。

第473号(2019/10/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top