【個性が光るリユースショップ】企業組合あうん、地域に根差したリ店 常連を大切にする店づくり

検索

【個性が光るリユースショップ】企業組合あうん、地域に根差したリ店 常連を大切にする店づくり

2019年11月20日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家財引取とリサイクルショップを展開する企業組合あうん(東京都荒川区)は2002年のリ店創業から地域に根差してきた。常連が多い同店は中に小型のカフェスペースを併設する。

①.jpg▲地域に根差した運営をしてきた

一日の平均来店者数は150人で、うち常連が100人近くを占める。5年前に4畳ほどの水場だったスペースを改築し、長机と3つの席を設置したカフェを開いた。コーヒー、ビスケットともに100円で提供する。

②.jpg▲カフェが常連の憩いの場だ

同店の常連のほとんどが高齢者だ。女性は友人と連れ立って訪れるが、男性は一人で来る場合が多く、よく居づらそうにしている姿を目にしてきた。そこで「寂しい思いをするお客が多いかもしれない」と考え、カフェがスタートした。「地域密着型のリサイクル店が無くなる中で、お客さんの居場所を作りたかった。」(荒川茂子代表)

お客との距離の取り方にも配慮する。「普通の接客ではなく、親しい人とはタメ口で話します。もちろん新規客にはしないですが」(荒川代表)

新聞購読ならすべての記事が読める!

第475号(2019/11/10発行)11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top