ウリドキネット、YouTube動画が話題 リユースチャンネル開設

検索

ウリドキネット、YouTube動画が話題 リユースチャンネル開設

2020年02月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リユース企業向けの買取支援サービスを手掛けるウリドキネット(東京都渋谷区)が始めたユーチューブ動画「リユースチャンネル」が話題を呼んでいる。リユース関連企業の経営者との対談やマーケットの現状やトピックスについて解説を行っている。これまで登場した経営者は、イオシスの中本直樹社長やオシャレボの若山知宏社長、Spiceの徳泉成夏社長など。

2B.png▲ウリドキネットが運営するリユースチャンネル

「登場者は各カテゴリでとがっている方、古くからそのカテゴリでやって頂いている方です」(木暮康雄社長)

開設は昨年の12月でこれまで1本10分前後の動画を累計で20本以上アップ。現在は週4本程度アップしており、「月30本アップしていきたい」と話す。累計の視聴回数は6500回を超えるなど人気が高まっている。

ユーチューブチャンネルを始めた理由について「リユース事業者は孤立してしまっている。他の会社がどうやっているかなど動画を見て頂き、リユースのリテラシーが高まり業界全体の成長につながれば」(同氏)と話す。

動画ではコンシューマ向けを意識したものもある。「買取を体験したら悲惨な結果だったみたいな動画が多くあがっており、買取事業者をもっと一般の方に知ってもらいたい」(同氏)

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第481号(2020/2/10発行)2面

Page top