エフカフェ、楽天市場がレンタルカートに!「Live!Rental」提供開始

検索

エフカフェ、楽天市場がレンタルカートに!「Live!Rental」提供開始

2020年03月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインショップの運営支援を行う『エフカフェ(大阪府大阪市)』は2月20日、楽天市場に出店しているレンタル事業者向けに楽天市場がレンタルカートになる「Live!Rental(ライブレンタル)」の提供を開始した。

ライブレンタルライブレンタル

楽天市場では約10年前からレンタル事業者向けのプラットフォームを提供しており、250社が参加。取り扱い点数は14万点と国内屈指の規模を誇る。ただ、楽天市場では「RMSサービススクエア」と呼ばれる店舗運営システムが物販向けに構築されており、これをレンタルの受注に活用していた。そのため、ユーザーがレンタルの注文をしづらかったり、事業者が管理しづらい課題があったと言う。

ライブレンタルを利用すれば、商品ページにレンタルカレンダーを自動で設置。レンタルしたい日をユーザーが選択することで、商品の届日と返却日を表示。空き状況も把握できる。事業者側は商品がカートに入ると在庫が確保され、商品の発送日や返却日の管理が簡便になる。「現状はエクセルで行っている事業者が多いのが実態」(楽天重田紘範マネージャー)と言う。利用料は初期費用無料で、月額1万円。

楽天市場のレンタルではメーカーや新品小売業、リユース業の利用が増えていると言う。「家電や楽器、ドレス、ブランド品などを扱うリユース業は最後は売り切ることもできる。またブランド品の並行輸入を行う事業者も2~3回貸して、中古で売った方が利幅が取れると利用が増えている」(同氏)

エフカフェはRMSサービススクエアのパートナー企業。17年以上に渡り、オンラインショップのコンサルティングや売上アップや効率的な運営を実現するシステムの開発を行っている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第483号(2020/3/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top