プロムナード・スマイル、業者交流で案件獲得 不要品回収 年300件

検索

プロムナード・スマイル、業者交流で案件獲得 不要品回収 年300件

2020年04月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不要品回収を展開する『プロムナード・スマイル(東京都江戸川区)』は業者や異業種、所属団体等からの紹介で年300件の依頼を受ける。ロータリークラブやBNI等の会合で様々な人々との親交を深めている。

同社は2013年に初めて参加した業者会合をきっかけに、徐々にお客を紹介されるようになった。1年経った頃には売上が2000万円増加し、翌年には売上が3000万円となった。ほかにも、東京中小企業家同友会、東海大学不動産建設望星会、リユース会、大学不動産連盟、京葉鈴木政経塾等に所属する。

同社は、テレアポやチラシといった従来型の営業手法に頼らない集客方法をとる。「BNIの会合で仲間同士のお互い助け高め合う利他の精神に触れた。そこからビジネスの紹介によって売上を上げていくというリファーラルマーケティングを学び、実践し始めた」と飯塚憲貴社長は話す。

飯塚憲貴 社長飯塚憲貴社長

第484号(2020/3/25発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top