【速報】中古店舗の休業・時短営業相次ぐ。緊急事態宣言受け自粛

検索

【速報】中古店舗の休業・時短営業相次ぐ。緊急事態宣言受け自粛

2020年04月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づいた「緊急事態宣言」が4月7日、東京など7都府県を対象に発令されたことを受け、リユース店舗の休業や時短営業が相次いでいる。従業員の健康や安全に配慮することが求められる一方で、売上の減少は雇用の維持にも影響が及ぶため、リユース企業には難しい判断が迫られている。各社の対応をまとめた。(尚、情報は9日時点で、変更になる可能性がある。)

IMG_0324.jpg

▽ゲオHD(愛知県名古屋市)

古着を扱うセカンドストリートでは、東北・関東・関西・九州の50店舗で臨時休業、またその他店舗でも営業時間短縮を行う可能性があるとHPにて告知している。ゲーム等を扱うゲオ店舗は、緊急事態宣言が発令された都府県を対象に時短営業を検討中。「状況に応じて変更になる可能性がございます」(広報 赤羽根愛氏)と臨機応変に対応する構えだ。

4月20日13:30追記

東京、神奈川、埼玉の全店と、宮城、千葉、愛知、関西の各都心部で「セカスト」を臨休。「ゲオ」店舗営業は各店の判断次第。「おお蔵」は静岡除く全店臨休となりました。

▽ブックオフHD(神奈川県相模原市)

約半数がFC店のブックオフでは、関東・関西を中心に57店舗を臨時休業する。他店舗でも時短や臨時休業の可能性があるとしている。これらの期間・対応は店舗ごとに分かれ、「テナントイン店は臨時休業。また秋葉原、池袋などの周辺で休業が多くなるエリアでも臨時休業の措置をとります。あわせて総合買取窓口では、接客が30分を超えることが多く、濃厚接触を避けるため休店します。今後も、自治体の方針など含め柔軟に対応していきます」(広報担当マネージャー 小湊貴治氏)

4月20日13:30追記

緊急事態宣言下の直営店のうち、1000平米超の店舗を休業(千葉埼玉除く)。1000平米以下の店舗と千葉埼玉の各店は平日を時短、土日臨時休業となりました。

▽大黒屋HD(東京都港区)

質の大黒屋HDでは、非常事態宣言下の7都府県にてサービス短縮や時短、臨時休業を実施。宅配買取キットの発送や問い合わせ対応を停止し、平日の質・買取を12時~17時に短縮の上で土日は臨時休業としている。

4月20日13:30追記

千葉店のみ5月6日まで全日臨休。緊急事態宣言下の店舗と京都店は平日午後のみ質・買取営業とし、土日は臨時休業。本部は買取キット発送や問合せ対応を停止

▽コメ兵(愛知県名古屋市)

コメ兵はいち早く、非常事態宣言の出されたエリアにて、店舗の臨時休業に踏み切った。期限は「当面の間」としている。非常事態宣言発令前から、土日の休業を行っていた。

4月20日13:30追記

全店臨時休業。東京・名古屋・大阪の一部店舗で個別に商品の下見が可能な「お取り寄せサービス」を実施。

▽バリュエンスHD(東京都港区)

「なんぼや」「ALLU」などを運営するバリュエンスでは、東京・神奈川・石川・愛知・大阪兵庫・広島・福岡の計28店舗で営業短縮措置を、東京・神奈川・千葉・埼玉・福岡の計12店舗で臨時休業を行う。また、「ALLU」銀座・心斎橋は5月6日まで臨時休業とする。

4月20日13:30追記

「なんぼや」は東京、千葉、神奈川、静岡、京都、大阪、兵庫、福岡の14店舗を時短、他は全店休業。「古美術八光堂」は8店舗を完全予約制で運営、他は休業となりました。

▽トレジャーファクトリー(東京都千代田区)

総合リユースのトレジャーファクトリーは各店舗に方針を委ねている。4月8日時点で都内全店舗が時短営業。また混雑時に受付を制限することがある旨を公式HP上で告知している。このほか、千葉の一部テナント店が臨時休業対応、また浦和、大宮、おゆみ野の各店は通常営業。

4月20日13:30追記

福島除くほぼ全店舗で時短営業、一部テナントイン店は臨時休業となりました。

▽ワットマン(神奈川県横浜市)

神奈川県内で総合リユース店を運営するワットマンは、全店舗を11日から30日まで休業する。当初は時短営業を行っていたが、9日にプレスリリースを発表し「緊急事態宣言を踏まえ、従業員の安全確保と地域の感染拡大防止に配意し、上場企業としての責務を果たすために、全店舗を休業することと致しました」(引用)。なお、予約済みの出張買取は実施する。

▽甲南チケット(長野県松本市)

チケット・金券を取り扱う甲南チケットでは店舗ごとに対応する方針で、すでに兵庫県内の一部店舗が時短や臨時休業の方針を打ち出している。

▽バイク王&カンパニー(東京都港区)

「バイク王」を運営するバイク王&カンパニーは非常事態宣言下の7都府県下にて午前は営業停止する。午後も時短営業。

▽ハードオフコーポレーション(新潟県新発田市)

ハードオフでは、非常事態宣言下の7都府県で一律19時閉店としている。期限は5月6日まで。

▽エコリング(兵庫県姫路市)

ブランドや貴金属の買取店を関東以西で展開するエコリングでは東京・大阪の一部店舗で時短や臨時休業の措置をとっている。マルイやリノアスといったテナント内にある店舗が対象だ。

▽テイツー(岡山県岡山市)

「古本市場」など古書やメディア商材を取り扱うテイツーでは店舗ごとの対応をとる。同社HPのプレスリリースでは、「当社が得意とする娯楽商材が外出自粛要請下において、暗い世相を少しでも明るくするための一助となる」(引用)ことから、大半の店舗で営業する意向だ。秋葉原ラジオ会館に入居する店舗のみ、テナントの臨時休業に伴い営業休止。

▽カジ・コーポレーション(愛知県名古屋市)

ゲームやホビーが中心の「お宝創庫」を東海地方中心に展開するカジ・コーポレーションは、大阪・兵庫で同社が運営する店舗を11(土)12(日)自粛または休止する方針。13日以降は状況を鑑み決定する。竹内武久常務は「弊社はカラオケ店もやっており、そちらは自粛。しかし小売店は判断が難しい」とつぶやく。

▽マーケットエンタープライズ(東京都中央区)

「高く売れるドットコム」「ReRe」「おいくら」などを運営するマーケットエンタープライズでは、10:30~16:00までの時短営業。出張買取では自宅に立ち入らず、玄関先で取引を終える方針だ。

▽買取王国(愛知県名古屋市)

総合リユース店「買取王国」を運営する同社は、4月20日まで大阪・愛知・岐阜の各店舗を時短営業とする方針。

▽アップガレージ(神奈川県横浜市)

自動車用品やバイクパーツなどを扱うアップガレージはFC店が多く、店舗ごとに時短やスタッフを減らし営業する可能性があるとしている。

▽ベストバイ(大阪府大阪市)

全国に「良品買館」「キングラム」など約100店を展開するベストバイでは、4月25日から5月6日まで臨時休業を行っていたが、7日より時短営業を再開した。​(*5月7日追記)

▽インバースネット(神奈川県横浜市)

ヤマダのグループ企業でPC機器類を扱うインバースネットは東京・大阪の計8店舗を時短し、一律19時閉店としている。

▽東都クリエート(福島県福島市)

東北地方を中心にブックオフFC店や独自の総合リユース店を展開する東都クリエートは店舗ごとに対応を分ける。同社HPでは「各店舗の営業時間等につきましては直接ご利用店舗にお問合せいただきますようお願いいたします。」と利用者に向け告知をしている。

▽ゴルフ・ドゥ(埼玉県さいたま市)

ゴルフ・ドゥでは5月6日まで関東・関西エリアの店舗営業を11時から20時までに短縮。平時よりも3時間ほど開店時間を縮める。また同社の運営するゴルフ場は休業対応。

▽ファイブニーズ(東京都墨田区)

酒類の買取大手ファイブニーズは宮城・東京・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の各店で時短や臨時休業を行う。また管理部門はテレワークに切り替えている。

▽テンポスHD(東京都大田区)

中古厨房機器販売大手のテンポスは通常営業だ。同社広報の谷口光児氏は「現時点で通常営業。飲食店が弁当を始めるなど業態変更が出てきており、うちを閉めてはいられない状況。ただ都内の感染者数も増えており、人員配置などは柔軟にやるつもりだ」と、顧客ニーズに応えつつも、シフト等で従業員への負担を最小限に抑える考えだ。

▽デジャヴ(神奈川県平塚市)

東京と神奈川でリサイクルブティックの「カトナ」を運営するデジャヴは東京と神奈川の全店舗で3月末から閉店を1時間繰り上げている。また従業員の自己判断で休業を認めており、「家族の介護や育児が必要な従業員には休業を認めている。店舗を臨時休業とする場合もある」(大河原勉社長)

▽エイムアントレー(東京都練馬区)

メディア系の店舗を運営するエイムアントレーは、24時以降に閉店する「ゼスト」を一律24時閉店に、埼玉県内「桃太郎王国」を22時閉店にそれぞれ繰り上げている。

▽ベストライフ(大阪府大阪市)

関東と関西でブランド買取店を15店舗運営するベストライフは、4月8日から19日まで一律で営業を休止。感染拡大の防止を徹底する。「今は一斉に店舗を閉め、一刻も早く収束させるのが最優先だ」(岩本元熙社長)

▽エンパワー(東京都新宿区)

買取専門店『大吉』のエンパワーはFCザーとして方針は出さず、各社に判断を任せている。

▽いーふらん(神奈川県横浜市)

同じく「おたからや」FCザーのいーふらんもオーナーの判断で時短や臨休などを検討する。

▽FTC(岐阜県大垣市)

かんてい局のFCザーであるFTCはFC店に対して、国や自治体の要請に従うよう通達している。時短やサービスを縮小している店舗もある一方、「質屋なので需要はあり、基本的に営業をするスタンス」(同社 西尾佳晃氏)と話す。各店舗には除菌剤とマスク50~150枚を発送し、従業員の感染防止を図っている。

*4月14日追記

▽リンク(東京都練馬区)

古着店「バズストア」を西東京エリアに展開するリンクは、4月4日から時短、8日から全店の臨時休業に踏み切った。期間は5月6日まで。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第486号(2020/04/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top