酒買取のJOYLAB、1〜2月のネット販売 2ケタ成長 新型コロナで巣ごもり影響か

検索

酒買取のJOYLAB、1〜2月のネット販売 2ケタ成長 新型コロナで巣ごもり影響か

2020年04月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BEENOSグループ傘下で酒の買取店「JOYLAB」を6店展開する『JOYLAB(東京都品川区)』が、1〜2月のネット販売実績を前年同月比で2ケタ伸ばした。特にこの時期は個人と思われるユーザーの、低単価ウイスキーなどを単品購入する動きが目立った。

北九州にあるJOYLAB小倉店北九州にあるJOYLAB小倉店

1月の売上は前年同月比で110%、2月の売上は同126%だった。新型コロナウイルスによる巣ごもり消費の高まりが注目される中、「これの影響とは断定できないものの、今後もっと外出自粛が広がればお酒のネット購入は伸びるかもしれない」(JOYLAB 太田圭亮取締役)という。

太田圭亮取締役JOYLAB 太田圭亮取締役

同社は札幌、東京、名古屋、大阪、北九州の店舗を拠点に個人・業者からの持込み品を買取るほか、出張・宅配買取を実施。月に平均1万本を買取り、その6割をウイスキーやワインが占める。販売はヤフオク!や自社サイトなどネットのみで、単価にして2万〜5万円程度が平均。通常は飲食店など業者のユーザーと思われるまとめ買いも多いが、1〜2月は5000〜7000円のノンヴィンテージウイスキーなどを単品で購入する取引が増えていた。

買取りについては、来客不振で仕入れすぎた酒を買い取ってほしいという飲食店からの依頼もあったという。

第485号(2020/4/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top