ソーイングセンターjoy、手作りマスクでミシン修理特需 問合せ3倍に

検索

ソーイングセンターjoy、手作りマスクでミシン修理特需 問合せ3倍に

2020年05月23日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたいリペア

リユースをとりまく環境で、今「リペア」の存在感が高まっている。注目すべき企業を紹介する。

ミシンの販売・修理・中古買取などを20年以上手がけてきた『ソーイングセンターjoy(東京都立川市)』で修理依頼が増えている。新型コロナウイルスによるマスク不足で、手作りマスクの需要が急増し、地域密着経営を行う同店にミシン修理の依頼が相次いだ形。

マスクを制作する人が急増しているマスクを制作する人が急増している

「お客は近隣にお住まいの高齢女性が中心。布マスクを作ろうと10~20年ぶりに出たミシンがうまく動かず、うちに依頼が来ている」と松浦誠社長は話す。

松浦誠社長松浦誠社長

同社は東京・埼玉で計3店舗を運営。月間平均修理が通常は1店舗あたり100件ほどだったが、2月ごろから増加。直近の依頼件数は3倍の300件を見込む。持ち込みの他に出張にも対応しており、こちらも1日1件程度だった依頼が3~4件に増えている。

こうしたミシンの修理は店舗から50メートルほど離れた工房で行う。修理部位は様々で、メーカーから部品を取り寄せるほか、部品取り用のミシンから本体内部のパーツを取り出して修理に使う。

同店は、高品質なミシンを販売し手厚くサポートを行うことで家電量販店などと差別化してきた。「うちは良いものを長く使って頂く方針。1万円台のミシンは絶対売らない」と松浦社長が言うとおり、店頭の商品は5万円台から。20万円近い商品も珍しくない。刺繍に対応するミシンなど、高価な特注品の修理を法人から受け付けることも多いという。

コロナショックによる手作りマスクブームを機に、ミシンの有用性を訴えていきたい考えだ。

第487号(2020/5/10発行)18面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top