アップガレージG、カーパーツ越境EC

検索

アップガレージG、カーパーツ越境EC

2016年06月29日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZERO TO ONE、年75億円の流通目指す

戦略を聞く

中古カーパーツ・バイク用品チェーンを約150店展開するアップガレージ(神奈川県横浜市)。車・バイク好きなお客が楽しめるサービス提供を行い、2020年には国内300店・売上高400億円を目標に掲げ前進している。

だがその展開は国内に留まらず、海外での飛躍的成長も狙う。

それを担うのが、同グループで国内外カーパーツECの「クルーバー」を運営するZEROTOONE (以下、ZTO)。2020年に年間150億円の流通を目指し、この内半分の75億円を海外で稼ぐ考えだ。

クルーバーの商品ページの英語版クルーバーの商品ページの英語版

クルーバーの流通額は、2016年3月期で前期比約28%増の約30億円。現在同サイトを通じた販売の大半が国内で、流通額は月間平均2億4000万円。それに対し海外は月間1000万円ほどだ。だがZTOは今後、海外販売に伸び代を見込む。特に北米の車好きを中心に、日本のパーツの購買需要が大きいためだ。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

394号(2016/06/25発行)16面

Page top