ゲオHD「セカンドストリート」台湾進出 海外3ヵ国目

検索

ゲオHD「セカンドストリート」台湾進出 海外3ヵ国目

2020年06月24日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4896_01.jpg

ゲオHD(愛知県名古屋市)が展開する古着店「セカンドストリート」が、台湾に進出する。

同社子会社のセカンドストリート台湾は今年夏頃、台北市西門地区に台湾1号店となる「セカンドストリート台北西門店」をオープンすると発表した。

取り扱い商品は、衣料品、バッグ・靴・アクセサリーなどの服飾品で、販売だけでなく、現地での買取も行う。また1号店に先駆け、ポップアップショップを台湾台北市にある複合商業施設で4月から7月31日まで開催。多くのお客が来店し、台湾展開の手ごたえを感じているという。

セカンドストリートは現在、日本全国に660店舗以上を展開しており、海外では米国で6店舗、マレーシアで4店舗を展開、今回の台湾が3ヵ国目となる。セカンドストリート台湾は、2021年3月期までに3店舗の出店を計画している。

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top