ハードオフコーポレーション、ネット売上昨対比2倍「アプリ刷新」でネット強化

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

ハードオフコーポレーション、ネット売上昨対比2倍「アプリ刷新」でネット強化

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット売上昨対2倍

出品数増加し急伸

アプリ刷新などネット強化を急ぐアプリ刷新などネット強化を急ぐ

ハードオフコーポレーション(新潟県新発田市)では8月直営店のネット売上が昨対比2倍になった。ネット出品数が増加したことが要因。併せてEC、公式アプリも刷新し店舗を軸としたオムニチャネル化を推進する。

同社はコロナ下で、特に衣料品を扱うモードオフや、総合リユースのオフハウスで苦戦を強いられた。そこで同社のスーパーバイザーを通じてネットモールへの出品を呼びかけ、5月から8月にかけて出品数を徐々に増やしたという。

ハードオフ子会社でソフト開発を行うリンクチャネル(新潟県新発田市)の入倉孝行社長は「オフハウスなど、買取量が多くネット出品の負荷が大きかった店舗で3~4倍伸びました。モードオフでは元々ハイブランド品を出品していましたが、店舗の売れ筋よりも少し高いミドルブランドの売れ行きが良いと判明しました」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第496号(2020/9/25発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top