ジェイランド、リユース事業強化で関東展開を視野

検索

ジェイランド、リユース事業強化で関東展開を視野

2020年11月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東で店舗展開

親会社サカイ引越から調達

ジェイランドが運営している柏の店舗8月よりジェイランドが運営している柏の店舗

関西で総合リユース店「ジャングルジャングル」等を展開するジェイランド(大阪府和泉市)が、関東展開を視野に入れている。親会社のサカイ引越センターが千葉で運営していたリユース店1店の運営を、ジェイランドが8月に譲受。これを皮切りに出店を重ねる。サカイでは4~9月の作業件数が前年同期比で5.3%増えている。関東の引越現場から引き上げた家財を関東の店舗に回し、リユース事業を強化する。

ジェイランドは14年にサカイ引越グループ傘下に入り、3年前から引越現場で排出された家具や家電を店舗供給する取り組みを行っていた。店舗は関西が中心で、東日本エリアの引越現場で排出された家財のリユース活用は手薄だった。今後関東に店舗網を広げながら、サカイの東関東39支社から関東店舗への在庫供給を積極化していく。ジェイランドのインターネット事業部の生賀敬弘次長は「引越時の不要品を無料引取するのではなく、なるべく買取に応じられるようにし、サービス向上させたい」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第499号(2020/11/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top