ドゥーラック、老人ホームにオフプライス店

検索

ドゥーラック、老人ホームにオフプライス店

2020年12月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老人ホームにオフプライス店

コロナで面会減り、衣料品に需要

老人ホームに出張老人ホームに出張しオフプライス店を出している

メーカーから過剰在庫を買い取り、小売や卸売を行うドゥーラック(京都府長岡京市)が、老人ホームでの出張販売に力を入れている。6月から開始し、現在は京都や大阪で月に2回程度開催している。新型コロナの影響で買い物の機会や家族の面会が減っている入居者の間では、衣料品や生活用品のニーズが高まっているという。

同社ではメーカー約40社とアクティブに取引を行い、買い取った在庫を「ラックドゥ」の屋号で展開しているオフプライスの衣料店で販売している。老人ホームで販売する際は「出張ラックドゥ」と銘打ち、「施設のロビーなど広さによるが、ハンガーラック20台分程度の商品を持ち込んでいる」(今堀陽次社長)という。在庫買取として仕入れた洋服や肌着のほか、出張販売用に仕入れたお菓子や入れ歯洗浄剤などの衛生用品がよく売れている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第502号(2020/12/25発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top