グッドヒルシステムズ、古いテープのデジタル変換依頼が急増

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

グッドヒルシステムズ、古いテープのデジタル変換依頼が急増

2021年01月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テープのデジタル変換、急増

アダプタなど買取喚起にも

5538_01.pngダビングコピー革命

巣ごもり下での断捨離で、ビデオテープをデジタル変換したい需要が増えている。これのサービスを展開するグッドヒルシステムズ(東京都台東区)では、昨年3~5月の注文数が前年同月比3倍に増えた。同時に、不要になったアダプタ等の買取りにも応じているという。

同社が「ダビングコピー革命」の商標で展開するサービスでは、VHS、8mm、miniDV、ベータ、8mmフィルム、16mmフィルムなどの家庭用ビデオや業務用ビデオを、DVDやブルーレイ、mp4ファイル等にデジタル変換する。価格は1本599円~。利用者にはテープを同社まで送ってもらい、指定の形式で納品する。1日平均で30~40件程度を受注。7割程度が一般家庭、3割程度が企業から。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第503号(2021/1/10発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top