シェルバード、広がる「おうち時間」アンティーク需要高まる

検索

シェルバード、広がる「おうち時間」アンティーク需要高まる

2021年06月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森で買取専門店を営むシェルバード(青森県青森市)が、小売りに力を入れている。コロナ禍でおうち時間が広がり、地元ではストーブや椅子などのアンティーク品の需要が高まっているという。これらを古物市場などで仕入れ、このほど取得した郊外100坪の倉庫で管理し販売をしていく。

おうち時間楽しめるアンティーク

アンティークなデザインのストーブアンティークなデザインのストーブ

買取店が小売強化

土地柄、ストーブなど暖房器具の品揃えは古物市では多い。「地元では、床暖房やFF式ストーブとは別に、滞留式ストーブも使ってお部屋を暖めているご家庭もある。焚いて焼き芋をするなど、コロナ下の余暇を楽しんでいるようです。こうした商品を狙い目としたい」(石川恭輔社長)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第513号(2021/6/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる