コロナで変わったブランドオークション、時計の手数料を徹底調査

検索

「コロナで変わったブランドオークション」

コロナで変わったブランドオークション、時計の手数料を徹底調査

2021年06月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計の手数料を徹底調査

新型コロナウイルス感染拡大の影響で様変わりしたブランドオークション。開催方式や手数料などの料金体系が複雑化している。落札金額に応じて、買い手はいくら払い、売り手はいくら受け取るのか、今回はブランド時計についてまとめた。

時計の出品者受取額、最大12.2万円の差

ブランド時計を出品・落札した場合の手数料・出品費用を加味した受取り・支払い金額一覧
出品・落札手数料・受取り・支払い金額一覧*開催方式の手=手競り、札=入札式、On=オンライン *金額には年金費や参加費は含まれない。また、キャンペーンによる手数料は考慮していない

仮の価格で落札金額が確定した場合に、消費税込みの金額で落札者はいくら支払うか、出品者はいくら受け取るのかを表にまとめた。

落札価格は5000円、3万円、20万円、50万円、100万円の5パターン。落札価格によって手数料率を変えているところもあるため、低額品から高額品までをカバーし一覧にした。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第513号(2021/6/10発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる