メルカリ、事業者にも「売り場」提供

検索

メルカリ、事業者にも「売り場」提供

2021年07月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリマアプリを運営するメルカリ(東京都港区)の子会社ソウゾウは7月28日、事業者にも、アプリ内に「売り場」を提供する取組みを始めた。サービス名は「メルカリショップス」。事業者向けのEC化支援事業として、日米のメルカリや決済のメルペイに次ぐ、第4の柱として成長を図る。

会見の様子.png会見の様子

本格的なサービス始動は今年9月を予定しているが、728日から小規模事業者や飲食店、農家などの先行出店が始まった。既存のメルカリアプリ内にメルカリショップスのタブを新たに設け、そこから商品を販売することができる。

事業者はアプリ内で事業者用アカウントを作成する。そこで在庫管理などができる。スマホでの出品が簡単に行え、また月間約1900万人のメルカリ利用者に対して訴求できることから、これらを強みとしてソウゾウは事業者の参画を促す。

メルカリショップスではまず、ハンドメイド作品、地方の特産品、農家直送の野菜・果物、飲食店など食品関係のカテゴリに注力する。ショップ開設に際して初期費用・月額利用料無料、また商品が購入された際の販売手数料10%は、これまでの個人間取引と同じだ。年内にはアプリ内のみではなく、インスタグラムやツイッターといったSNSなどを含む外部で、ショップ開設できる機能を追加する予定。

コロナ禍における市場変化により、特に中小企業ではオフラインでの営業が困難となりEC化への需要が高まっている。しかしながら、ECのノウハウに乏しく課題を抱えている事業者が存在することから、メルカリショップを通じてその解決の手助けをする。

ソウゾウの石川佑樹社長は、「『かんたん』で、『売れる』をコンセプトに利用者に売れる成功体験を提供できることが特徴。事業者の方々の中にも、一度でもメルカリを利用したことがある方が多数いらっしゃる。メルカリの仕組みをもとに使用できるため、これまでEC開設が難しいと考えていた事業者にも利用してもらえる」と話す。

リサイクル通信では、「メルカリショップス」について、リユース事業者の皆様に向けて緊急アンケート調査を実施しています。頂いた情報は8月10日号のリサイクル通信にて掲載予定です。なおアンケート内容は本件のみに使用いたします。ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。【アンケートの回答はコチラ】(回答期間:8月1日 23時59分迄)

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる