リユース企業のエピログ、「供養」込み5.8万円の手元葬サービス開始

検索

リユース企業のエピログ、「供養」込み5.8万円の手元葬サービス開始

2021年09月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エピログ(宮城県仙台市)は6月より供養サービス「TeMoTo」を開始した。複数の事業者と提携し、中高年層や低所得者向けに「手元葬」サービスを5.8万円で提供する。葬儀、遺品整理、相続と不動産売却の相談も実施し、寺院葬が難しい層の需要に応える。

供養における持続可能性を追求する

供養における持続可能性を追求する

「手元葬」は、自宅等の身近な場所に遺骨を保管する比較的新しい供養方法。同社は約10センチ程度の欅製の箱に、遺骨の一部を粉砕・収納し遺族に渡すサービスを、永代供養料込みで5.8万円+送料で提供する。永代供養は岩手県内の寺社と提携する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる