ウサギ商店、着物リメイクで起業 「ジェンダー平等」の観点から社会貢献したい

検索

ウサギ商店、着物リメイクで起業 「ジェンダー平等」の観点から社会貢献したい

2021年11月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物リメイク服を販売するウサギ商店(愛知県東海市)は12年に開業した。下村尚子店主はそれまで事務のパートをしており、事業として針仕事をするのは初めてだ った。今ではパートを複数名雇い、メディアから取材も受けるなど、成長している。

地方テレビ番組でも取り上げられた地方テレビ番組でも取り上げられ

ウサギ商店

女性が活躍できる場に

「SDGsの目標12『つくる責任 使う責任』で取材してもらうこともあるが、今後は目標5の『ジェンダー平等を実現しよう』の観点からも社会に貢献したい」と下村さんは話す。

同店では在宅で服を縫う人や着物をほどく人などを雇っている。そのすべてが女性で、裁縫の前知識がなくとも、みるみるうちにスキルを習得していくという。「ミシンがあれば家でもできる仕事。在宅生活が続く今の時代に向いているのでは。いつかはここから巣立っていかれるといいなと思う」と下村さん。経理や発送業務は定年退職をした夫が担当している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第522号(2021/10/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる