テイツー、デジタルサイネージ型の中古トレカ自動販売機 直営10店舗で展開へ

検索

テイツー、デジタルサイネージ型の中古トレカ自動販売機 直営10店舗で展開へ

2021年11月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「古本市場」などを展開するテイツー(岡山県岡山市)は、デジタルサイネージ型の自販機を用いて中古トレカを販売する取り組みを広げている。この「トレカ自販機」を年内に直営10店で展開する。また外販も予定している。

デジタルサイネージ型の「トレカ自販機」デジタルサイネージ型の「トレカ自販機」

店内でショーケースに入れて陳列したり、一般的な自販機でトレカを扱ったりする例はあるが、デジタルサイネージ型自販機で扱う例は珍しい。テイツーはこれを自販機メーカーと共同で企画開発した。デジタルの特性を活かし、売れ筋商品や商品補充の的確なタイミングを効率よく把握することができる。またQR決済にも対応しているほか、ロケーション広告機能も併せ持っている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第523号(2021/11/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる