思い出の一冊【第9回】ナインブリックス、読書の楽しさを教えてくれた恩師

検索

「思い出の一冊」

思い出の一冊【第9回】ナインブリックス、読書の楽しさを教えてくれた恩師

2021年12月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出の一冊

古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第九回目は古書 アトリエ くんぷう堂の伊藤薫風さんの紹介で、ナインブリックスの橋本征太さんが登場する。

舟崎克彦 「ぽっぺん先生と笑うカモメ号」舟崎克彦(ふなざきよしひこ)
「ぽっぺん先生と笑うカモメ号」

岩波少年文庫

ぽっぺん先生シリーズ

僕の思い出の一冊は「ぽっぺん先生と笑うカモメ号」です。

この本を初めて読んだのは小学3年生の時。たまたま図書館で見かけて読んだら、すごく面白かったんです。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第524号(2021/11/25発行)23面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる