さいたまオークション、小物市場の出来高が1000万円超え

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

さいたまオークション、小物市場の出来高が1000万円超え

2022年02月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さいたまオークション

さいたまオークション(運営:トウショク、埼玉県さいたま市)が21年3月より開始している小物市場の出来高が1000万円を超えた。

参加者のうち、副業の古物商が9割程度を占めるのが特徴。第三木曜日開催に開催し、12月は66名が参加した。「買い手は本業をしながらの参加なので、まとめて購入する需要が大きい。また既存の売り主に店舗感覚で出品して頂いている」(鈴木盛之社長)。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第529号(2022/2/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる