ニューズドテック、チャットボットで業務効率化

検索

ニューズドテック、チャットボットで業務効率化

2022年04月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューズドテック(旧:携帯市場、東京都千代田区)ではチャットボットを用いた接客に注力し、問合せにかかる労力を大幅に削減した。サイト内の査定ルートをチャットボットに一元化したことが奏功した。新規利用者の獲得にもつなげている。

問合せ対応の労力ほぼ0に

同社キャラの「サスモくん」がボットを案内同社キャラの「サスモくん」がボットを案内

お客の問い合わせボットが全て対応

同社は法人のリピーターが主な顧客層で、現在は新たに個人の新規獲得に注力する。個人からの問合せ増加を見越して、21年2月にチャットボット「KUZEN」を導入、8月から問合せをチャットボットに一本化した。

チャットボット内で仮査定ができ、買取申込までWEBで完結する。他社のWEBコンテンツや検索から、同社サイト「みんなのすまほ」に誘導し、アイコンまたは「買取検索」をクリックすることでチャットボットが立ち上がる。

チャットボット内では機種のキャリア、メーカー、名称、カラーや記憶容量などをヒアリングし、おおよその査定額を案内する。詳細な査定を希望する利用客には状態や端末識別番号を入力してもらい、より正確な査定額を提示する。買取を希望する場合は申請フォームから情報を入力させ、本人確認書類のコピーまたはeKYCによって本人確認を行った後、お客に発送を依頼する。

買取価格はランクごとに詳細に伝える買取価格はランクごとに詳細に伝える

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第532号(2022/3/25発行)16面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる