ブックオフコーポレーション、中古家電、独自に売買

検索

ブックオフコーポレーション、中古家電、独自に売買

2015年02月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードオフとのFC解約

ブックオフコーポレーション(神奈川県相模原市)が2月17日、ハードオフコーポレーションとのFC契約を解約し、独自に中古家電の取り扱いを始めると発表した。これまでは子会社B&Hを通じてハードオフのFC店10店を展開し、そこで中古家電を取り扱っていた。

2社は創業以来互いのフランチャイズに加盟しあい、共に成長してきた歴史がある。リユース草創期を開拓してきた2社の関係が変わった。ブックオフの松下社長に経緯と胸の内を語ってもらった。

松下展千社長の決断

「全ての商材を扱えるようにケジメを付けないといけませんでした」

――いつ頃FC解約の話が持ち上がったんですか。

昨年秋頃から社内で議論を行って、12月末に相談役の橋本が新潟へ赴き打診。両社で話し合って当社がハードオフに加盟しているFCを解約する運びとなりました。

――ハードオフのFCに加盟していることで家電の中古売買に制限があった。やはり、そのことが原因ですか?

ブックオフの看板で扱えない商材を無いようにしたい。しかし家電はそうだった。全ての商材を扱えるようにするには、けじめをつけないといけませんでした。ハードオフを併設していない店舗では、消費者の方からも、なんで家電は買い取ってもらえないの?という声をいただいていたので。

――他社が運営するハードオフの店舗が同じ商圏にある場合、御社の運営するブックオフにハードオフを併設することができませんでしたね。しかし、これまでずっとその状況が続いていました。なぜ、今だったんでしょう。

ヤフーさんと提携して、店で買ったものを店で売るだけでなく、ネットも含めて販売する仕組みができつつあります。その中で、商材を広げることができる環境が整ってきたことがあります。

――具体的にいつから、どの業態、チャネルで中古家電の売買を始めるのでしょうか。

まだ、今後の事業展開をたてられているレベルではありません。すぐに広げられるほど甘くはない。今回の件は、絵姿を描いて準備したというより、まずけじめをつけてからという順番です。

FC解約の概要
ブックオフコーポレーションは、連結子会社のB&HでハードオフコーポレーションとFC契約を締結し、これまでハードオフの業態で家電の中古売買を行っていた。ブックオフからの申し入れで2月17日、これを解約すると発表。今後は独自に中古家電を取り扱う。B&Hは、ハードオフに対して1店あたり3000万円、合計3億円の解決金を3月31日までに支払う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

362号(2015/02/25発行)1-3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる