タウ、損害車を自社修復

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

タウ、損害車を自社修復

2022年08月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「損害車」リユースのパイオニア、タウ(埼玉県さいたま市)が新事業に注力している。事故や水害などに遭った自動車を独自に仕入れ、損傷したままの状態で国内外流通させるのをメインとしてきたが、現在一部の車両を同社自ら修復し「中古車」として売り出している。また自社サイトから損害車を落札する会員に向け、中古パーツを会員間で売買できるマーケットプレイスの新事業も近く始める。

中古パーツのマケプレも

タウでは中古車生産に乗り出し鈑金工場と販売店舗を構えているタウでは中古車生産に乗り出し鈑金工場と販売店舗を構えている

同社が査定・買取をし、自社の専用サイトなどから流通させている車両は年間約5万台。現在うち2000~3000台程が自社修復による車両だ。2年程前に鈑金工場と販売店舗を構えていた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第540号(2022/7/25発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる