セルート、シェアエコ配送 ECサイト連携

検索

セルート、シェアエコ配送 ECサイト連携

2022年08月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアエコ配送、ECサイト連携

シェアリングエコノミー配送アプリ「DIAq(ダイヤク)」を運営するセルート(東京都新宿区)が、ECサイトにダイヤクを連携させたい事業者の受け入れを増やす。

同アプリは、空き時間を使って荷物を運びたい配送人(アンカー)と、荷物を送りたい荷主をマッチングできる。ECサイトと連携すると、サイト利用者が即日や時間指定で配送を希望する際、ダイヤクに登録しているアンカーに配送を委託できる。買取希望物品の回収配送に使われている事例もあるという。

同社はこのほど、EC事業者が自社サイトにおけるダイヤクのAPI連携を検討しやすいよう、連携に係る仕様情報を全面公開した。

事業者はAPI連携に係るサイト改修・開発に着手する前段に、セルートが提供する「スターターアプリ」を使って、開発なしでブラウザからAPIの機能を利用することができる。即日や時間指定での配送の受注具合を事前に把握することができ、反響を確かめながら、段階的に開発を進められる。

ダイヤクの配送対応エリアは東京23区、横浜市、大阪市、名古屋市、福岡市。アンカー登録数は1万人超で、半数が「軽四輪」で配送。

第542号(2022/8/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる