JRO、業者からの回収拠点「リユースハブ」を全国7ヵ所に

検索

JRO、業者からの回収拠点「リユースハブ」を全国7ヵ所に

2023年10月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人 日本リユース機構(JRO、東京都千代田区)は、昨年開始した中古品収集と輸出の拠点「リユースハブ」の拡大を進めている。10月時点で全国7拠点を整備し、回収事業者らから中古品を回収、仕分けして再販している。

今後は自治体連携も予定

戸田倉庫から海外に輸出されるコンテナ戸田倉庫から海外に輸出されるコンテナ

リユースハブは21年12月に同機構加盟のシーダス(東京都渋谷区)が埼玉県で運営を開始。不用品回収業者らが引き上げた物品を一括で引き受けて査定し、販売単価が1500円以上を見込む商品はEC、下回るものは海外へ輸出している。

現在は埼玉県・栃木県・愛知県・大阪府・山口県に、計7拠点を展開し、運営にはJRO加盟企業12社が携わる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第570号(2023/10/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる