エコリング、顧客とスタッフの座談会通じ新規ユーザー1000人創出

検索

エコリング、顧客とスタッフの座談会通じ新規ユーザー1000人創出

2024年01月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エコリング(兵庫県姫路市)が手掛ける「エコリング部」というユーザー参加型の取り組みが実を結びつつある。活動を通じて顧客満足度を高めながら買取増・集客増につながっており、同取り組みで同社新規ユーザーは1000名増えた。CRMを強化したい事業者にとって、大きなヒントになりそうだ。

月イチの座談会で
利用者と情報交換

エコリング 座談会はオンラインで実施する座談会はオンラインで実施する

「エコリング部」の活動は2022年2月に開始した。現在の運営は外部コンサルタント2名を含めて4名程度で行なう。また数名のパートスタッフも参画する。

「エコリング部」では、実際の店舗利用客に「部員」として月1回のオンライン座談会に参加してもらい、店舗の利用方法、イベントやチラシのデザインの改善案などをテーマに話し合う。

エコリングのアプリやウェブ、SNSを通じた連絡でまずLINEへの登録を促し、続いてZOOMで行われる「エコリング部」の座談会参加を呼びかける。現在、累計300名ほどが「エコリング部」の公式LINEに参加しており、月1回のオンライン座談会には、延べ30名ほどが参加した。参加者の大半が女性で、30代~60代の主婦層が中心となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第576号(2024/01/25発行)17面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる