チケットキャンプ、流通額1年で4.5倍に

検索

チケットキャンプ、流通額1年で4.5倍に

2016年07月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「市場800億円の過半数が目標」

スマホから手軽に利用できるアプリも人気スマホから手軽に利用できるアプリも人気

ミクシィの子会社フンザ(東京都渋谷区)が運営するチケット二次流通サービス「チケットキャンプ」の流通額が、1年で約4.5倍に伸びた。2015年12月の月次流通額は36億円に上り、1年前の8億円から急成長。登録会員数も200万人を超え、前年の3倍になった。現在も順調に推移しており、「2019年には、全体で800億円の市場になると予測していますが、当社はその過半数を占める計画です」(寺谷祐樹取締役)。

同社はミクシィの傘下に入った2014年4月以降、プロモーション活動に注力。昨年の7〜8月と、11〜12月に全国規模でテレビCMを展開した。

「15年9月の月次流通は26.5億円、12月には36億円と約10億円伸ばした。CMの影響が絶大でした」(同氏)

寺谷祐樹 取締役寺谷祐樹 取締役

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

396号(2016/07/25発行)16面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる