「アパレル」に関する記事一覧(12ページ目)

検索

「アパレル」に関する記事一覧(12ページ目)

  • ワールド、衣料引取り開始

    アパレル

    2016年03月10日

    百貨店やSCで アパレルメーカーのワールド(兵庫県神戸市)が3月1日から、衣料品引き取りリサイクルの「ワールドエコロモキャンペーン」を開始した。 百貨店54ヵ所とショッピングセンター12ヵ所で衣料品を引き取り、購入時使え...

  • 「トップインタビュー」

    激安衣類問屋が500円均一直売所 ― 土橋商店 土橋達也社長

    アパレル

    2016年03月04日

    現金持ち帰り制の所謂「現金問屋」。メーカーの過剰在庫などを買取り流通させているが、つくり手の生産が計画的になり、在庫売却の仕方もうまくなったことで次々と数を減らしている。しかしその中で成長を続けるのがアパレル現金問屋の土...

  • 大黒屋、ネット販売を強化

    バッグ・時計・宝飾品

    2016年02月15日

    委託型EC会社を設立、3年後に売上100億円目指す 中古ブランド大手の大黒屋(東京都港区)がネット販売の強化に乗り出した。同社の親会社が委託型のEC販売を行うラックスワイズ(以下:LW)を設立、1月26日から販売を開始し...

  • ベクトルFCのセレクタ、表参道に出店

    アパレル

    2016年02月11日

    ブランド特化月商300万円目指す 古着を中心に扱う「リサイクルショップベクトル」のFC加盟店2店を運営するセレクタ(東京都渋谷区)が昨年10月、東京・表参道にブランドアパレル・バッグを専門に扱う中古店をオープンした。名称...

  • 中古ブランド店、免税需要で明暗

    市場動向・行政・団体

    2016年02月10日

    1月前年比5割減の店も 訪日観光客の増加でインバウンド需要が広がってきている。中古市場においてはブランド品がその筆頭だ。ただ、中国経済の減速を受け、先行きが不透明になりつつある。そこで本紙では、外国人観光客の集まる東京・...

  • 世代・国境を超えてリユース人口拡大

    市場動向・行政・団体

    2016年01月10日

    2016年はどんな年になるのだろうか。数多くの取材を元に、本紙でリユース市場の今年のトレンドとなる10のキーワードをあげた。新年スタートダッシュを決めるために、参考にしてもらいたい。中古品の売買が人々の生活に溶け込みつつ...

  • ブランド古着PLAYER、来夏目途に実店オープン

    アパレル

    2015年12月29日

    原価ゼロ商品で高収益 ブランド古着のネット販売やアパレル卸を行うPLAYER (東京都台東区)が、高収益型の古着店作りに取り組む。 まずは来年5〜6月を目途に、都内の下町エリアで15坪の実店舗を1店オープンする。3000...

  • 「捨て場」を失った不要品、換金して世界を支援

    アパレル

    2015年08月05日

    災害や人災で支援を待つ命が世界中にある。ヒト・モノ・カネが喫緊に必要だが、リユース業者はこの「カネ」を錬金術のように生み出す機能を持っている業態だ。人々が埋蔵している不要品を、換金し寄付金に変えて届ける。今、この機能を提...

  • リバリュー、在庫評価ツールをリリース

    古物市場・業者支援

    2015年07月12日

    将来価値の予測も 企業の余剰在庫や返品商品の流通を手掛けるリバリュー(東京都千代田区)が6月に、「在庫評価ツール」のテスト版をリリースした。 JANコードを入力すれば、商品の現在価値を調べることができる。最大6ヵ月間の価...

  • ブックオフ、総合リユース複合店

    本・ゲーム

    2015年06月26日

    秋田に初出店 ブックオフコーポレーション(神奈川県相模原市)は6月11日、リユース複合店として秋田県初出店となる「ブックオフプラスドン・キホーテ秋田」をオープンした。売場面積は約438坪で、672台の駐車場を完備。本、C...

Page top