「偽造品」に関する記事一覧

検索

「偽造品」に関する記事一覧

  • ウリドキ、フィギュアの越境マケプレ 真贋保証付で安心取引

    ホビー・スポーツ

    2020年03月26日

    ウリドキ(東京都渋谷区)は3月17日、フィギュアに特化した越境売買プラットフォーム「4real(フォーリアル)」をリリースした。個人間で未開封品(一部を除く)のフィギュアを売買できるというもの。同社が専門店と連携し真贋鑑...

  • ものばんく、リユースメディアをリリース

    古物市場・業者支援

    2020年03月11日

    ものばんく(山口県下関市)は、リユース業界の情報をワンストップで収集した双方向メディア「ICHIBAKARA」を2月17日にリリースした。業界関連の情報を集約し、最新の相場や偽造品情報も随時更新する。また記事にはコメン...

  • 【リユース×テクノロジー】AI・ブロックチェーンでスニーカー真贋

    ホビー・スポーツ

    2020年03月05日

    スニーカーの二次流通市場で問題視されるのが、蔓延する偽造品。ブームによりスニーカーが投機の対象となったために、偽物のスニーカーが大量に流通していると言われている。その偽造品に、AIやブロックチェーンを活用した真贋技術で立...

  • AACD 一般社団法人日本流通自主管理協会、基準外商品の展示会 2日間で300名が来場

    市場動向・行政・団体

    2019年11月06日

    AACDは中古ブランド品の本物(基準内)と偽物(基準外)を見比べる展示会を聞いた。商品を並べるだけでなく、セミナーや真贋テスト、相談会などを催し、会は盛り上がりを見せた。 AACD(東京都千代田区)は10月8日に基準外...

  • AACD、宣誓マーク事業を開始 不正品排除の取り組みを認定

    市場動向・行政・団体

    2019年08月12日

    ・AACDは不正品排除の取り組みを認定する「宣誓マーク」事業を開始・宣誓マークはAACD会員かどうかに関係なく基準を満たした事業者に付与・宣誓マーク会員は偽造品販売に関する相談やサポートを受領可能 .............

  • コメ兵 AIでブランド品鑑定、今春本店に試験導入

    バッグ・時計・宝飾品

    2019年02月28日

    コメ兵 ▲「真贋」を活用した査定イメージ 中古ブランド最大手のコメ兵(愛知県名古屋市)が真贋にAIを導入することを14日発表、今年春にも店舗に試験的に導入する。ルイ・ヴィトンの革製品から始め、順次対象を拡大してい...

  • 《直撃!UDF vol.3》ブート品国内初の摘発 表示しても違法

    その他

    2018年12月08日

    UDF 前回ではUDF(ユニオン・デファブリカン)の事務理事、事務局長兼ADRセンター長の堤隆幸氏にアフターダイヤについて聞いた。アフターダイヤについては法的根拠から違法性を指摘するブランド側と 、古物市場の認識の...

  • 《直撃!UDF vol.2》法、倫理両面の問題を指摘 アフターダイヤ禁止

    市場動向・行政・団体

    2018年11月18日

    UDF ブランド権利者の知的財産権保護に取り組む国際的な団体のユニオン・デ・ファブリカン(UDF)。事務理事、事務局長兼ADRセンター長の堤隆幸氏に聞いた内容を4回に分けてお届けする。第一回では、権利保護団体であるU...

  • 「認定マークだけで信用は危険」 ATF柴友昭氏に聞く偽造品排除とは?

    その他

    2018年06月27日

    「認定マークだけで信用は危険」ATF柴友昭氏に聞く偽造品排除 偽造品技術の発達で偽造品を見分けることが難しくなってきている。偽造品をどう排除するのか。今回は有志の質屋で構成され、偽ブランド品排除に取り組む全国質屋ブラン...

  • 日本ブランド品鑑定協会、おお蔵社長 古賀清彦氏インタビュー

    バッグ・時計・宝飾品

    2018年06月27日

    「100%的中せずとも真贋をやる意味はある」日本ブランド品鑑定協会インタビュー 中古品業界を悩ませる偽ブランド品。鑑定技術を磨いても偽造技術も向上していくためいたちごっこが続いている。そんな中最新技術を用い、一般消費者...

Page top