【リユース×テクノロジー】AI・ブロックチェーンでスニーカー真贋

検索

【リユース×テクノロジー】AI・ブロックチェーンでスニーカー真贋

2020年03月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スニーカーの二次流通市場で問題視されるのが、蔓延する偽造品。ブームによりスニーカーが投機の対象となったために、偽物のスニーカーが大量に流通していると言われている。その偽造品に、AIやブロックチェーンを活用した真贋技術で立ち向かうベンチャー企業が活躍している。

KCKC
スニーカーのCtoCフリマ ブロックチェーンの保証書付

8差し替え.jpg▲阪急メンズ東京でイベントを開催

スニーカーのリセールアプリ「KCKC(以下、キクシー)」を運営するシティーデジタル(東京都新宿区)が、阪急メンズ東京(運営:阪急阪神百貨店、大阪府大阪市)にて1月8日から14日まで展示会を行った。100足以上のスニーカーはブロックチェーンに紐付けられ、RFIDタグに持ち主のエピソードを記載。来場者はスマホをタッチして靴のエピソードを楽しんだ。

同社は18年創業。杉野寛樹社長は「阪急さんがスニーカーの催事を企画していたところに声がかかり、驚いた」と話す。

B.jpg▲杉野寛樹社長

スニーカーの二次流通は、コレクターや転売業者により熱を帯びている。キクシーは19年6月から開始したスニーカー特化のフリマアプリで、偽造品の売買を防ぐためブロックチェーン上に鑑定情報を関連付けし、RFIDタグにして靴に添付する仕組みが特徴だ。

購入希望者が販売額と3%の鑑定料を支払い購入すると、出品者はキクシー事務局に発送する。真贋を済ませ、本物であれば購入者の手元に届き、出品者に売上金が入金される。現在は未使用品のみの対応だが、将来的にユーズド対応も検討中とのこと。

 

フェイクバスターズ
AIでスニーカー真贋 毎月1.5万足の鑑定

C.jpg▲フェイクバスターズHP

IVA(東京都港区)は、AIを用いたスニーカーやアパレルの鑑定サービス「フェイクバスターズ」を19年より運営。AIによる画像鑑定を行う"クイック鑑定"に加え、1月から"コンプリート鑑定"という名称でより精密な真贋サービスを開始した。新品、中古品の両方に対応している。

同社の"クイック鑑定"は、毎月1.5万品の真贋を行っており、48時間以内に結果を出せるのが強みだ。個人法人共に1点550円~でサービスを受けられ、ナイキ、アディダス、イージーブースト、シュプリーム、コンバース、プーマ、ニューバランスに対応。10枚程度の製品写真を送り、画像をもとに判定する。最も多い鑑定依頼はナイキ製のスニーカーだという。

「同一モデルでも工場によって特徴が出る。自社でデータベースを持ち、それを元に網羅的に鑑定する」(相原嘉夫社長)

依頼のあった約8割はAIのみで処理。AIが判別できない依頼品は、各ブランド専任のスタッフがチェックを行う。ただし、証明書の発行や保証は行わない。

また、1月からは、更に確実な真贋を行うため"コンプリート鑑定"を開始した。依頼者が現物を郵送し、鑑定を行う。基準内であれば保証書を発行し、万が一鑑定が間違っていた場合は鑑定料を返金する対応を行う。

同社は既にスニーカーのCtoCフリマアプリ「スニーカーダンク」の真贋を引き受ける。今後も更にリユース事業者との提携を進める考えだ。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第482号(2020/2/25発行)12面

Page top